通夜

通夜の荘厳な雰囲気は嫌いではない。

故人を偲んで一緒に過ごした時間に思いを巡らせると、何故か良い記憶だけが蘇るから。

そして普段考えることのない自分の死を想像して、謙虚な気持ちになれるから。