無常感

時間は無情に流れて、決して遡ることがないから記憶が薄れて懐かしめるもの。

いまを生き抜かなくては。

 


時間よ止まれ