読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスで日本語は英語には勝てない

英語圏出身者または帰国子女と英語で仕事をするようになってから、ビジネスで日本語は効率面で劣る事がわかってきた。

話し言葉と書き言葉の違いかと思う。結論ありきで話す英語はかなりストレートだ。したがっティヴでない日本人同士で話す英語はかなりまどろっこしく、恥ずかしさすら感じることがある。異文化の中で効率よくコミュニケーションできるツールとしての言語の優位性なのだろうか。

日本人が英語で仕事をしようとするとビジネスでは負けが込む。言語以外での優位性、例えば技術開発力や研究開発力、または医学など言語に依存せず競争力が持てる分野に投資すべきだ。そこでは日本人の辛抱強さが如何なく発揮できるだろう。

このままでは職場に外国人が増えるばかりだ。それは Native English speakerか、自国では賃金の安い勤労者か。いずれにせよ中途半端に英語を話す日本人の住む世界は日本でも狭くなりそうだ。むろん英語が話せない人が生き残れることはないだろう。