読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗黒の2月と3月がようやく終わった

向う見ずな経営判断が行われたことで非常に苦し見られた2月と3月がようやく終了した。3月は実質的に後処理であったが、バーンアウト症候群と思われる状態に苦しんだ。日中はあまり集中力が高まらずすぐに睡魔に襲われ、土日に関してはほとんど寝ていた記憶しかない。意を決して行った旅行によって徐々に回復に向かったが、それまではまさに暗黒であった。その時ほど自然の治癒力を感じたことはなかった。

 

ある物事に固執する時、自分の主張が正しいか正しくないかは強く意識すると言うが、なぜその主張にこだわるのかまで考えることは少ないという。あるイデオロギーを強めるためには主張を何度も何度も連呼させることが有効だそうだが、それも物事を考えさせる力を削ぐためなのではないだろうか。重要な判断は多角的にそして時間をかけて判断すべきだ。

 

最近少しずつではあるが文章を書く時間を持てるようになってきた。まだまだ気温は低いが天気も良く、今日は桜も満開となった。公私ともに春が到来した。