読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収1800万円の話

外資系で働いているとジョブホッパーに出会うことがある。彼らはいまの職場に長居する気は毛頭なく、自分に利するものがあれば習得し、次の転職に繋げようとする。中には前職の知識をごっそり次に持っていく人もいるという。


私はそういう人を信じない。自分の時間を費やす価値もないので、そうした人にあった時には早々に退出していただくことにしている。そこに容赦はない。


とある日、私の前のエージェントから連絡が。さる企業で年収1,800万円は最低出すという。へー、結構いい話だなと思っていたら私を招聘した人は過去に私がExitさせ、その後は転職に成功したジョブホッパーだった。聞けば私の退職勧奨の腕を買いたいということ。


私は即座に断った。何のために働いているのかを共有できない人とは働けない。特に人を使い捨てる人とは。