読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系に転職する前に考えておくこと

日本市場の将来性を危ぶむ欧米資本の企業が資本引き揚げを検討していると言われる。日本人は勤勉でよく働くし問題社員も少ないが、価値創造型ではないことも要因だろう。

いま日系に勤めていてこれから外資系に移ろうとされる特に若い人は要注意だ。まず外資系ではあなたの人材育成は長期で考えない。昔の財閥企業は国家や国民を考えたというが、いまでも日本企業はそれに近い考え方が根底にあるのではないだろうか、新入社員には手取り足取り時間を割き、中堅社員は長期戦略をじっくり検討できる環境がある。しかしBusiness Opportunityを虎視眈々と狙う外資系でその考え方は基本的にない。投資先と見る側面が非常に強いのである。優秀な日本企業出身者がFailするのは、その多くがBusinessのスピードについて行けないとされている。外資系は確かに報酬は高いが、それは仕事の密度の結果なのだと思う。欧米でEarly Retirementが取りざたされるのは、年を取ってからではその環境に順応できないからだ。

 

しかし外資系に勤めれば間違いなく視点が大きく変わる。言語でDefact Standardを取っている欧米人にどうしたら伍していくことができるかを日々内部から考えさせられることは、非常に刺激的で挑戦的である。私はいま非常に苦しい環境にあるが、日本の若手の皆さんにはぜひ続いてほしいと思う。報酬の高さではなく、再び日本が世界から羨まれる国になるように。