読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「秘密基地」の閉店を知って

昔よく通った店が閉店していた。その名もバー「秘密基地」。場所のわかりにくさと、ウナギの寝床のような店の狭さが気に入っていた。バーテンダーは変わった名前の色白なきれいな若い子で、その頃の何の変哲もない会社人生の詰まらなさを紛らわせに行くには最適だった。

その店ももうない。久しぶりにこの街に来ただけに当然ではあるが、もう一度あの頃に戻れたらと時々思う。